rental 着物・振袖・袴

振袖の種類について

振袖とは未婚女性の礼装です。現代でも成人式や結婚式、卒業式などお祝いの場面では欠かせない着物です。実は袖丈の長さで振袖の種類や格式が変わってきます。その種類についてまとめていきます。
まず「大振袖」についてです。これは袖丈が120cm前後の振袖を指し、一番格式の高い振袖になりますので、未婚女性の正礼装となります。そのため「本振袖」とも呼ばれています。格式が一番高いため、基本的には花嫁衣装として着用されます。
次に「中振袖」についてです。袖丈が110cm前後の振袖で、格式は中ほどになります。主に成人式や結婚式に出席する際に着用されるため、一般的に見かける振袖は、この「中振袖」になります。また卒業式で着用する場合は「中振袖」の上から袴を着付けることもあります。
最後は「小振袖」についてです。これは袖丈が70cm前後の振袖で、一番下の格式になります。最近では「小振袖」と袴がセットになっていることが多いため、主に卒業式で着用されています。もちろん袴なしで着付けても問題ありません。「小振袖」は袖丈が短い分、動きやすいため、茶会や観劇などで外出する時に適しています。ちなみに「中振袖」と「小振袖」は準礼装の扱いになります。このように袖丈の長さが変わるだけで、格式や着用できる場面が異なってきます。TPOにあわせて振袖を身につけていきましょう。

Copyright © 2016 振袖・袴のレンタルサービスの利用価値は大いにあると思います All Rights Reserved.